婦人

整形外科の選び方

安全に小顔矯正の施術を受けたい場合は形成外科医のいる所を利用して、問題がないか確認してから受ければ失敗しません。小顔矯正の方法では注射を使ったやり方も利用できるため、顔が大きくて困っている方でも簡単に問題を解決できます。

顔に触れる女性

顔の大きさの悩みを解消

小顔矯正の方法には、エラ削りやボトックス注入、脂肪注入、フェイスリフトなど様々なものがあります。手術にかかる時間や方法、小顔効果もそれぞれ異なります。手術後は、ダウンタイムを適切に過ごすことが大切です。

女性

案ずるより産むが易し

小顔矯正治療ひとつとってもさまざまな治療法が出てきたため、原因別で適した方法を選択することができるようになりました。切らなくてもいい整形も増えてきたので、小顔になりたいけど踏み出せていない人はカウンセリングだけでも行ってみる価値はあります。

小さな顔になるために

看護師

費用や手術後の注意点

小顔になりたいと悩む女性はたくさんいます。顔の大きさというのは自分の努力ではなかなか変えられないものなので、そのようなコンプレックスがある場合は、小顔矯正の整形手術を受けると良いでしょう。小顔矯正手術には様々な種類があり、なりたい小顔の形や、自分の顔の特徴、脂肪のつき方、骨の付き方などによって適切な方法が変わります。よくある手術方法の一例としては、骨を削る形成外科手術、ヒアルロン酸や脂肪、ボトックスなどを注入する手術、糸を使って行うフェイスリフト手術などがあります。骨を削る形成外科手術は、生まれつき顔が四角く、エラが張っているような骨格の人に有効です。骨を直接削って骨格を変えてしまうので、費用は高く、相場は100万円程度と言われています。また外科手術を行うため、術後の腫れや痛みも長引きダウンタイムも長いという特徴がありますが、一度手術を行えば効果は永久に持続し、また一番理想に近いフェイスラインにすることが出来ます。ヒアルロン酸、脂肪、ボトックス注入の手術は、有効成分を気になる部分に注入するだけというとても簡単な手術です。痛みもなく、費用は5〜10万円前後とお手頃です。定期的に治療に通う必要がありますが、ダウンタイムも短く効果もすぐ現れるため、人気の方法と言われています。糸を使って行うフェイスリフトは、たるんだ脂肪を糸を使って物理的に顔の上に釣り上げて固定するという手術です。メスを使わないため、この手術もダウンタイムが少なく、費用は20〜30万円が相場です。小顔矯正の手術を受けるためには、まずはクリニックにてカウンセリングを受けましょう。カウンセリングにて、なりたい理想の顔の希望や、予算の相談、診察を受け、入念に手術方法を決めていきます。手術方法が決まったら、化粧やコンタクトをせず、医師に言われたことを守って当日を迎えましょう。手術後は、内容によって異なりますがほとんどの場合はすぐ帰宅することが出来ます。大切なのは、帰宅後の過ごし方です。術後は患部が腫れたり痛みが伴ったりすることもあるので、しっかり休養して安静に過ごすことが必要です。ダウンタイムと呼ばれるこの期間の過ごし方は非常に重要で、術後の患部は抵抗力も弱まっている状態にあるので、むやみに触ったりしてしまうと、雑菌が入ってしまう可能性があります。手術部位に雑菌が入ると、そこから重大な感染症になってしまうこともあります。そうなると、かぶれや湿疹が出来て綺麗な仕上がりにならないこともありますので、医師に言われた注意点を必ず守って、安静にしていましょう。仕事がある場合も、指定されたダウンタイムの期間内は無理せず、会社を休むなどの措置も必要です。具体的には、シャワー、コンタクト、化粧は言われた期間内はしないようにしましょう。また、どうしても痛みや腫れが我慢できない場合は、氷を当てて冷やすなどの対策が有効です。またクリニックへ相談したら、痛み止めなどをもらえるので我慢せずに自己管理を徹底しましょう。正しいダウンタイムを過ごすことで、小顔矯正の効果を正しく受けられます。