案ずるより産むが易し

女性

多種多様な治療法

小顔矯正治療の中に、ボトックス注射とエラ削りがあります。どちらもエラが原因で顔が大きく見えて悩んでいる人向けの小顔矯正治療ですが、ふたつの方法の違いはエラの性質にあります。ボトックス注射は筋肉によってできたエラに効果を発揮します。よく歯ぎしりをするクセがある人や、噛み応えがあるものを好んで食べる人などは、咬筋という噛むための筋肉が人よりも発達し肥大化します。そのため顔の下半分が大きくなり、顔が大きく見えてしまうのです。こういった場合は筋肉を小さくしてしまえばいいので、筋肉の成長を抑えるボトックス注射が効果的です。注射を施すだけなのでダウンタイムも短く、費用もそれほど高額ではないため非常にお手軽です。ですが、効果は永続しないのが特徴です。施術前の生活をそのまま続けているとまたエラが張ってきてしまう可能性が高いので、そのときは同じ施術を施す必要があります。一方、エラ削りは先天的にアゴの骨が横に広がっていて、エラとなっている人に向いている治療です。文字通りエラとなっている骨を削ってしまうことで、シャープな輪郭になり、顔を小さくすることができます。口の中から切開を行なうので、傷跡が目立つ等のリスクは抑えることも可能です。しかし骨のボリュームを調節するおおがかりな手術となるため、ボトックス注射に比べると長期間のダウンタイムが必要になります。そのかわり効果は永久的に持続しますので、治療が終わってしまえば頻繁に通院する必要もないことが多いです。小顔矯正で受診予約をすれば、事前カウンセリングが行なわれます。筋肉か骨か、エラの正体がわかっていなくても、その場で診断してもらえるので安心です。美容整形業界にもさまざまな医療技術が追加され、小顔矯正治療ひとつとってもアプローチの仕方は多種多様になってきました。小顔矯正を受けたいと考えた時、病院選びも治療方法の選択もできるだけ情報を集めるのが安心です。治療の方法は悩まされている症状の原因別で向き不向きがあります。顔が大きく見えているのはエラのせいなのか、顔の形による錯覚なのか、物理的にサイズが人より大きいのか。持って生まれた顔の形や大きさは自分で改善できるものもありますが、骨などになると物理的に手を加える以外にありません。こういった原因は自分で判別可能なものもありますし、医学的知識がなければ判断できないものもあります。自分の悩みの原因が定かでない場合は、話だけでも聞きに行くつもりで美容外科クリニックを受診してみると良いでしょう。原因さえわかれば改善方法は意外に簡単だったりするケースもあります。例えばアゴが小さくて丸顔なせいで、本当は小顔なのにそう見えなくなっている人であれば、アゴにヒアルロン酸や自分の身体から吸引した脂肪を注入することでシャープな輪郭へ変えることができます。すると顔のサイズは変わっていないのに、周りからは顔が小さくなったように見える、といった治療方法もあります。こういった方法ですとコストも負担も所要時間も少なく済むため、考えているよりも手軽に小顔を手にすることができます。小顔になりたいけれど手術するのは怖い、と感じている人は、カウンセリングだけでも受けてみる価値はあります。原因次第では切らない整形で事足りることもありますので、まずは一歩踏み出してみるのをお勧めします。