顔の大きさの悩みを解消

顔に触れる女性

治療の流れと種類

女性は、小さな顔に憧れを抱くもの。顔は第一印象を左右する大事なパーツですので、パっと見て大きく見えたり四角く見えたりしてしまう顔は、大きなコンプレックスとなり得ます。そのようなコンプレックスを解消出来るのが、小顔矯正というものです。小顔矯正は、美容整形クリニックなどで施術を受けることによって、理想の顔の形や大きさに出来るというものです。様々な種類があり、効果や持続力も異なるため、自分好みの方法を選んで治療を受けましょう。さて、様々な治療方法の中でも、よくあるのが、脂肪注入、ボトックス注入、エラ削り、フェイスリフトなどです。脂肪注入は、顔にある余分な脂肪を吸い取り、それをアゴの先端付近に注入するという手術です。頬部分が痩せると共に、アゴがシャープになります。ボトックス注入は、頬にあるエラを消すための治療です。筋肉弛緩作用のあるボトックスを注入することで、噛みしめによって発達した咬筋がゆるみ、エラが自然に消えて小顔になることが出来ます。エラ削りは、生まれつきの骨格によって顔が大きく見えたりエラが出来てしまったりしている場合に有効です。外科手術によって、直接骨を削るため、かなり理想の形に近づけることが出来ます。フェイスリフトは、たるんでぼてっとして見えている顔を、物理的に上に引き上げて小顔に見せる方法です。切るフェイスリフトと切らないフェイスリフトがあり、負担の少ない切らないフェイスリフトが人気です。このように、小顔矯正ひとつとっても、様々な方法があることが分かります。どのような小顔矯正手術を受けるかは、美容整形外科のカウンセリングにて決めましょう。ただし、骨格の状態などによっては、自分の希望する治療法ではなく、医師から勧められた治療法が適用されることもあります。生まれつきの骨格や自分の希望、予算などを考えながら、一番適切な方法を選択しましょう。カウンセリングで治療方針が決まったら、そこで手術日を決めてしまうことも多いです。手術日が決まったら、当日はメイクやコンタクトは避けて、すっぴんで手術に訪れましょう。ただし手術の方法によってはそのような制限がない場合もあるので、必ず医師に確認しておきます。手術にかかる時間も、方法によって様々です。脂肪注入やボトックス注入は、比較的早く、早ければ10分程度で終わります。フェイスリフトやエラ削りは、外科手術が必要となりますので、何時間もかかる場合もあります。あらかじめかかる時間を確認しておくと良いでしょう。また、手術後はほとんどの場合すぐ帰宅することが出来ますが、腫れや痛みが引かない場合には、応急処置を受けることもあります。手術後自宅へ帰ったら、患部はむやみに触らず、安静にしておくようにしましょう。コンタクトやメイク、シャワーなども指定された期間は使用しないようにし、感染症予防につとめます。ダウンタイムを正しく過ごすことによって、より綺麗な経過になり効果も高く現れます。小顔矯正の方法は、上記の他にも様々あります。様々なクリニックのホームページなどを参考にしながら、自分に合う方法を探すというのもおすすめです。